大切な遺族を弔う|家族葬は業者を選びましょう

男性

平均相場はいくらか

身内だけでひっそりと行えるという事もあり、家族葬が注目されています。四條畷には葬儀場も数多くあるので、プランや料金なども選びやすいとてえるでしょう。故人の希望に合わせるのも良いかもしれません。

式場数が多く比較できる

時代の流れとともに、お葬式の形式やニーズも多岐にわたってきました。生野区においては、遺族の様々な要望に応える業者が多く存在しています。地域柄、大阪市内からの交通の便も良いため、葬儀を執り行う遺族にとってもメリットの多い地域と言えるでしょう。

気持ちに寄り添う業者

柏原市エリアでは近年、家族葬が人気を集めています。家族が望む葬儀ができたり、費用面でも大幅に抑えることができるのが魅力です。業者を選択する場合には、可能であれば複数の業者に話を聞いて検討することをおすすめします。

故人と家族が主体です

葬儀場

ゆっくりお別れができる

最近の葬儀事情として、少子高齢化や経済的理由などにより義理や儀礼は避け質素に儀式を要望するか方が増えました。そのような中で、儀式の内容の明確化と料金の明朗化を図った家族葬が生まれたといわれています。家族葬とは、葬儀に呼ぶ方を親しい人に限定し、少人数でゆっくりとお別れができる葬儀のことです。密葬とは違い、参列者を家族や親族などの親しい人のみで、しめやかに行う葬儀となります。特に通常の葬儀と異なる点は、家族葬は葬儀社主導の形式的な葬儀ではなく、故人と家族が主体となり、故人とのお別れを最も大切するスタイルであることです。家族葬が選ばれている理由は、葬儀の内容を自由に選ぶことができることです。故人が好きだった音楽や、趣味の道具などに囲まれて葬儀を行うなど、決められたスタイルに捉われる必要がありません。なおかつ、一般の方を呼んでいませんので、故人との思い出を語りながら時間を過ごすことができます。したがって、葬儀費用も抑えることができます。家族葬を選択するうえで、注意が必要なのは家族や親族などの親しい人だけで葬儀を行うことに理解を得ておくことです。訃報を案内しない場合は、事前に電話などで連絡しておくことが、後のトラブルを未然に防ぐことに繋がります。横浜には、葬祭業を営む業者が約千社ほどあるといわれています。今は、ほとんどの葬儀社で家族葬を取り扱っています。その中で、見積り内容の明細を詳しく説明してくる葬儀社かどうかが重要です。横浜市内の火葬場は、横浜南部斎場、横浜北斎場、戸塚斎場、久保山斎場と民間火葬場があります。どの火葬場も、非常に混雑している時期もあります。斎場の事情や場所についても、葬儀社の助言を受ければスムーズに葬儀を行うことができます。